三十槌の氷柱(みそつちのつらら)令和4年

奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩肌から湧き出る湧水によりつくりあげられる。
高さ約8m、幅約30mにもなる大規模な氷のオブジェです。
天然の氷のため毎年、姿も変わります。
荒川源流の大自然の中、氷柱は1年で最も寒さの厳しい1月中旬から2月下旬までご覧いただけます。
※氷柱は天候や気温などで条件が変わる場合がございますので、ご了承ください。

道路や会場は凍結し大変滑りやすくなっておりますので、冬用タイヤや滑りにくい靴が必要となります。
また、会場周辺に照明のない場所もありますので、懐中電灯等の装備が必要です。

秩父三大氷柱 詳細ページ

三十槌の氷柱

開催期間 令和4年1月7日(金)~令和4年2月23日(水・祝) 27日(日)まで延長
時間 8時30分~17時00分
※天候により期間等の変更があります。
ライトアップ 令和4年1月15日(土)~令和4年2月20日(日) 27日(日)まで延長
時間【平日】17時00分~19時00分【土・休日】17時00分~20時00分
整備協力金 大人 200円(中学生以上)

三十槌の氷柱・中津川の氷壁パンフレット

三十槌の氷柱令和4年パンフレット

三十槌の氷柱令和4年パンフレット(PDF)

駐車場

民間有料駐車場
料金普通車500円(※バスやバイクなど、料金の詳細は下記リンクにて)
ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 HP(外部リンク)

槌打キャンプ場 ☎0494-55-0137 HP(外部リンク)

三十槌の氷柱までの交通案内

電車・バス

○西武鉄道
西武秩父線「西武秩父駅」から西武観光バス三峯神社線「三十槌バス停」にて下車

○秩父鉄道
秩父鉄道「三峰口駅」から秩父市営バス川又線もしくは西武観光バス三峯神社線「三十槌バス停」にて下車

●関越自動車道をご利用の方
関越自動車道花園ICより国道140号を秩父方面へ、皆野寄居有料道路経由で約2時間。

●中央自動車道をご利用の方
中央自動車道「勝沼IC」から国道140号山梨市を経由「雁坂トンネル」を経て勝沼ICより約2時間

カーナビご利用の場合は、秩父市・大滝総合支所の住所をご利用下さい。
大滝総合支所 「埼玉県秩父市大滝985」

氷柱の様子

2月27日(日)

2月26日(土)

2月25日(金)

2月24日(木)

2月23日(水)

地図

お問い合わせ先

秩父観光協会大滝支部 電話:0494-55-0707