2012/05/23

事件の史跡

秩父事件に関する詳細は下記項目をクリックしてください。
秩父事件トップ 事件の概要 映画「草の乱」 井上伝蔵邸
石間交流学習館 事件の史跡 年表(pdf)
 
椋神社

三千余名にも及ぶ農民が椋神社に集結。役割を命じ、五ヶ条の軍律を徹底し、小鹿野町・大宮郷(現秩父市)へ向け一斉に蜂起。
半納の横道

蜂起の日、半納耕地からは神官を除いて全戸が参加。官軍に対しゲリラ戦を挑み激戦地「半納の戦い」として有名。火の見と常夜灯が今も残り、事件の痕跡をうかがわせている。
新志坂 (清泉寺)

高台に清泉寺を望む。新井駒吉宅に集結した一隊が新志坂周辺にて巡査と戦闘。双方共に死者を出す。近くには殉職した窪田巡査の碑がある。
加藤織平の生家

困民党のモニュメントでもある加藤家の土蔵。ここでの秘密集会により困民党は結成された。現在は改築されている。
井上伝蔵屋敷跡

会計長だった井上は事件直後から行方を絶つ。欠席裁判で井上は死刑を言いわたされるが、その後北海道へ逃亡し、名を変えて一生を送る。
落合寅市の家

坂本宗作、高岸善吉と共に「困民党トリオ」と讃えられた落合寅市は、欠席裁判で懲役10年。その後、大阪事件にも参加し下関にて逮捕。
新井駒吉の生家

銃砲隊長の新井駒吉宅に田代栄助を招いて困民党総理に推挙。
屋久峠より山中谷

戦いに敗れ本隊が解散した後、一部の困民党は屋久峠を越え、山中谷、十石峠、佐久へと転戦。八ヶ岳山麓の野辺山にて壊滅。
刀屋稲葉家の柱

困民党に襲撃された秩父の高利貸宅の柱。刀傷が生々しい。