2012/06/15

栃本広場~十文字峠コース

栃本広場から十文字峠へと続くこのコースは、かつて往還道として使われていたもので尾根道を延々と進んでいく健脚向けのコースです。栃本広場を出発します。しばらくの間ゆるい傾斜が続きます。途中、急坂になりますが、長くは続かず、再び尾根を歩くの平坦な道になります。
かつて往還道として使われた時代のなごり一里観音像です。ここまで約90分ほどで到着します。
二里観音のある白泰山避難小屋です。ここで休憩をします。
白泰山から急な下りが始まりますが、再び平坦な道となります。ここから三里観音はもうすぐです。※写真は三里観音です。
三里観音から四里観音までの道のりは、約2時間。このコースで一番のピークです。とりあえず、四里観音の手前にある避難小屋を目指します。
三里観音から四里観音の途中に咲くツツジです。登山で疲れた気持ちを癒してくれます。
避難小屋から四里観音までの道のりは、苔むした原生林の道が続きます。
四里観音です。ここまでくれば、後は平坦な道です。四里観音の上では股の沢林道が合流します。
ここまでくればもう少しです。十文字小屋が見えてきます。
昔ながらの丸太造りの十文字小屋の入り口です。毎年、シャクナゲの開花時期には、小屋の周りは一面シャクナゲで覆い尽くされます。
見事なシャクナゲです。開花の時期は6月上旬です。シャクナゲは隔年結花、2年に一度綺麗な花を咲かすと言われています。開花状況などはお問い合せ下さい。
小屋から5分ほどの所にある乙女の森は素晴らしいシャクナゲと原生林のコントラストが楽しめます。さらにその先15分ほどの所にあるカモシカ展望台からは望む展望は、登山の疲れを癒してくれます。
栃本広場~十文字峠コース(登り片道約6時間30分) 
※「●=バス乗車時間」「◆=バス停」
栃本広場-(歩1時間40分)-一里観音-(歩1時間10分)-二里観音-(歩10分)-白泰山避難小屋-(歩1時間15分)-三里観音-(歩1時間50分)-四里観音避難小屋-(歩10分)-四里観音(歩15分)-十文字峠