平成19年度春開花状況 No1
 見ごろは?というお問い合わせが来ておりますが、天候や植栽地の条件、種類によって開花はばらつきがあります。
−平成19年度春開花状況 No2へ
 
4月7日〜4月23日

平成19年度春開花状況 No3へ
4月24日〜
小さな画像は左クリック
4月6日 4月3日 4月1日 3月28日
3月23日 3月15日 3月7日 3月1日
4月6日晴れ
 東向き斜面は5分咲きとなり、西向き斜面と武甲山より南側は3分咲きとなりました。
 4月4日から5日にかけて秩父の標高が高いところでは雪となり、山々は雪化粧をしました。平成16年4月4日も雪が降っており、天候や芝桜の開花状況は16年によく似ています。−平成16年4月4日開花状況

東向き斜面北から。



西向き斜面から東向き斜面

東向き斜面谷側北から西向き斜面(画像左)。

南側武甲山寄り
4月3日曇り時々氷雨
 東向き斜面は3分咲きです。未明から氷雨でした。芝桜の丘南にそびえる武甲山(1304m)の標高800m以上は雪でした。また、奥秩父の山々、浦山ダム周辺の山も真っ白となりました。
 秩父市内の最低気温は5度、日中も9.8度までしか上がらず、肌寒い一日でした。

東向き斜面北から。手前の花はオータムローズです





西向き斜面から東向き斜面。リットルドットの白、多摩の流れの薄ピンク、オータムロードのピンクが目立ちます。左上はオーキントンブルーです。

南側から西向き斜面(画面右上方)

南側から東向き斜面
4月1日薄曇り 
 東向き斜面は3分咲きかと思われます。日当たりが遅い西向き斜面も花色が目立ってきました。開花のペースは平成16年と同じようです。

東向き斜面北から



西向き斜面から東向き斜面

南側から西向き斜面(画面右上方)

南側から東向き斜面

3月28日晴れ
 開花が進みました。日当たりがよい東向き斜面は、多摩の流れとマッククダニエルクッション、オーキントンブルーが目立ってます。

武甲山寄り(左クリック)
 
東斜面北側から南方、武甲山を見る


西斜面から東斜面

東斜面北側中段から南方、武甲山を見る

武甲山寄りから北方向を見る
3月23日晴れ
 部分的ですが、開花が進んでます。右2枚は左クリックで拡大します。ちなみに、平成16年(2004年)3月23日は雪でした。でも、開花状況はこの16年に似ているかも・・・・
平成16年3月23日へ


東斜面北側から南方、武甲山を見る


西斜面から東斜面



南面から武甲山

東斜面の東側です。ここはいつもはやめの開花です

3月15日薄曇り
 下の4枚の画像は、3月15日正午ごろの撮影です。右側の1枚は昨年3月29日の撮影です。昨年に比べ2週間は早めの開花のようです。この後、冷え込みがあれば多少は開花の速度は落ちるかと思いますが、相手は生き物ですので予測不可能です。
昨年3月29日撮影です

東斜面北側から南方、武甲山を見る

西斜面から東斜面

西斜面から東斜面を見る。梅が見ごろです。

東斜面の東側です。ここはいつもはやめの開花です
3月7日 晴れ
 早咲きの多摩の流れが目立ってきてます。毎年、開花状況で書いてますが、陸上競技や競泳のように「よーい、ドン」で一斉に咲いてくれないものです。公園の担当者によれば「例年より2週間は早い開花状況。とくに新植栽した苗や土壌改良した箇所の花が目立つ」とのことです。植栽地では、芝桜以外の草の新芽詰みが行われていました(画像は午後の撮影です)

東斜面北側から南方、武甲山を見る

西斜面から東斜面

西斜面から東斜面を見る

武甲山側から
3月1日 晴れ
 平成19年春の芝桜開花状況を本日より始めました。当面は随時の掲載になりますが、ご了承下さい。
 暦の上でも春ですが、現実の季節も温かく、春そのものです。開花は早く、例年の3月20日前後の開花状況のようです。このままの気温状態が続けば、見ごろも早まるかと思います。8種類の内、多摩の流れの花が目に付きます。
 園地周辺のスギも花粉を盛んに散らし始めてます。花粉症対策はお忘れなく。

東斜面北側から南方、武甲山を見る

西斜面から東斜面

西斜面から東斜面を見る

多摩の流れ
秩父観光協会