Language:

秩父三社

ご利益のある、秩父の初詣スポットをご紹介します。
2017年は、鳥(とりどし)。「一年の計は元旦にあり」
初詣を行う事で、神社仏閣のパワースポットから力をいただきましょう。

秩父神社 - ちちぶじんじゃ –

秩父市の中央、柞(ははそ)の森に鎮座する。
秩父地方の総社で、創建は二千年前と言われています。
知恵の神様とされる八意思兼金命(やごころおもいかねのみこと)をはじめ四柱の神々をお祀りする本殿は 埼玉県重要文化財。徳川家康公が再建した権現造りの本殿、幣殿、拝殿が並び、なかでも左甚五郎(ひだりじんごろう)作のつなぎの龍は有名。

また、子育ての虎、お元気三猿も人気があります。
社宝の御輿(みこし)は県下最古で県文化財。
例大祭は世に名高い秩父夜祭(12月2・3日)は国重要無形民俗文化財に指定されています。
7月19日、20日の夏祭りは川瀬祭、お祇園(ぎおん)といわれ親しまれ、19日午後7時から行われる「天王柱立て神事」は神秘的とさえ言われています。

TEL 0494-22-0262

川瀬祭りの詳細ページへ
秩父夜祭の詳細ページへ

交通案内

埼玉県秩父市番場町1-3
西武鉄道・西武秩父駅より徒歩15分。
秩父鉄道・秩父駅より徒歩3分。

地図

三峯神社 - みつみねじんじゃ –

三峰山の標高約1100mのところに鎮座しており、霊験あらたかな感じをうける。
創始は日本武尊(やまとたけるのみこと)と伝わり、伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)の二神をまつる。

江戸時代、眷族のお犬さまことオオカミの霊力(盗難よけ、火難よけ)が信仰され、10万石の格式をもつ霊地として栄えた。

春日造り一間社の本殿は県文化財。
権現造りの拝殿は極彩色の彫刻で内外を飾る。
奥社は妙法ヶ岳の岩場にあり、展望が素晴らしい。
その他随神門、日本武尊銅像、遥拝殿(ようはいでん)など見どころが多い。

近年は、毎月1日にだけ手に入れられる「白」い「氣守」も有名。
元旦は、平成28年12月31日 午後11時頃より神社参道入口の三ツ鳥居周辺にて整理券配布予定。

TEL 0494-55-0241

自家用車で御参りされる場合は、冬季は道中の路面凍結のため冬用タイヤが必須となりますので、ご注意下さい。

交通案内

埼玉県秩父市三峰298-1
秩父鉄道三峰口駅・西武秩父駅より西武秩父バス。

地図

寶登山神社 - ほどさんじんじゃ –

日本武尊が東国平定のおり、山登りの途中で猛火に会い、巨犬が火中に飛び込み火を消したことより、火止山(ほどさん)の名がついたと言われます。

三峰山同様、お犬さま信仰が盛んで、開運厄除け火防に参拝者が訪れています。

宝登山山頂に奥社があり、ロープウェイで行けます。
近くに宝登山動物園がありニホンザル、ホンシュウジカなどが見られます。
12月末から咲くロウバイ、2月からの梅百花園は必見の価値があります。

TEL 0494-66-0042

交通案内

〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
秩父鉄道長瀞駅より徒歩10分。

地図

神社・仏閣一覧を見る

更新日:2018年2月14日  投稿者: