Language:

ハイキング:十文字峠コース

コースの情報

所要時間:登り片道約2時間
※「●=バス乗車時間」「◆=バス停」
毛木平駐車場-(歩20分)-五里観音-(歩1時間20分)-八丁の頭-(歩20分)-十文字峠

登山コースは長野県の梓山・毛木平から十文字峠に至るルートです。
よく整備されたルートで2時間程度で峠まで登れます。
写真は毛木平にある駐車場です。トイレも完備されています。
シャクナゲの咲くシーズンは駐車場も満杯で道路も渋滞するので注意してください。

十文字峠・甲武信岳の分岐点です。ここは左に向かいます。

すぐに千曲川に架かる橋に出ます。丸木橋なので注意して渡ってください。

千曲川から15分程の所にある五里観音です。栃本からここまで5里ということです。

しばらくは沢筋に沿って登っていきます。気持ちの良い森林の中をゆっくり登ります。

やがて沢から離れるようになるとジクザグに登る通称八丁坂になります。
胸突き八丁という言葉の通りここが一番のきつい登りです。

上の方に尾根筋が見えてくれば程なく八丁の頭に到着します。

八丁の頭です。ちょっとした広場になっていて絶好の休憩ポイントです。
ここでひと休みしましょう。ここからは尾根伝いに左に登っていきます。

尾根の右側を峠に向かって辿っていきます。
途中谷底に向かって急傾斜になっている部分もありますので慎重に登りましょう。

30分ほどで十文字峠に到着です。
峠には十文字小屋があり、休憩・宿泊することも出来ます。
この小屋の回りにはたくさんのシャクナゲの群落があり、開花の時期には素晴らしい眺めを見せてくれます。

見事なシャクナゲです。開花の時期は6月の初旬ですが、年によって若干の変動がありますのでお問い合わせ下さい。

シャクナゲにもいろいろな種類があるようで、微妙に花の色・形が違っていて、飽きることなく楽しめます。
小屋から5分 ほどの所にある乙女の森は素晴らしいシャクナゲと原生林のコントラストが楽しめます。
さらにその先15分ほどの所にあるカモシカ展望台からは素晴らしい展 望も楽しめます。

こちらは十文字小屋の入り口です。丸太組の昔ながらの小屋です。
女性の小屋番のきめの細かいサービスと食事が評判です。

じっくりとシャクナゲを観賞したら、登ってきたルートを再び辿って毛木平に戻ります。