2014/02/11

秩父夜祭写真コンクール表彰式

 

 第49回秩父夜祭写真コンクール表彰式が2月11日午後2時から、同コンクール秀作展会場の秩父市芸術文化会館で開かれました。
 式では、主催社を代表して(一社)秩父観光協会加藤恒喜会長が歓迎と祝いの言葉を述べました。引き続き来賓の秩父市久喜邦康市長、埼玉県物産観光協会高橋真治事務局長が挨拶、受賞を祝しました。久喜市長は自ら写真マニアでもあり「秩父は四季を通じて被写体があります。ぜひ作品を大勢の人に紹介してください」と述べました。

 表彰状伝達では、上田県知事に代わって久喜市長が木村秀生さんに県知事賞受賞を伝達、引き続き市長賞を横田寛さんに伝達しました。埼玉県物産観光協会長賞は高橋事務局長から藤村禎一さんに伝達されました。加藤会長から入選、佳作入賞者に表彰状、記念品を手渡しました。
 受賞者を代表して木村さんが謝辞を述べ、今回知事賞受賞の作品のことなどを述べました。続いて審査員を代表して山口秀明さんが作品講評を行いましたが、上位作品はいずれも選択するのに4度の審査を行ったことを明らかにしました。
 受賞作品は秩父芸術文化会館で13日まで公開中です。


挨拶を述べる加藤会長

 


祝辞を述べる久喜市長


久喜市長から木村さんに知事賞を伝達