2012/08/14

船川の信願相撲

 

 伝承によると、文政年間に当地、上田野出身の隅ノ江津雲(すみのえつくも)という力士が、信願がかないその恩に報いるため、時の花籠親方親方より辻相撲免許を受け、始まったとされます。関東三辻の一つとして、二重回しの常設土俵があります。 無病息災などを祈願した人に変わり、地元の力士が勝ち負けなしの2番勝負をします。ちびっ子力士から全国大会でもトップクラスの高校生力士、元力士など多彩です。

場所:秩父市荒川上田野1152-2

→地図