2012/07/01

大根のゆずまき

昔は12月の中旬になると、どこの家でも正月用に、大根にゆずを巻き、針で通して糸でつなげ、すだれの様にして軒先に吊したそうです。酸味があるので、お雑煮の後に食べるとさっぱりした味でおいしいものです。
■材料 5人分 ●大根 300g●ゆず 1個(皮だけ)●つけ汁 砂糖 大さじ1杯半 カップ1杯(200cc)塩 小さじ1杯半◎用具
つまようじ25本・ふたが出釆る容器(タッバー)
■作り方 ①大根は洗って3ミリの厚さに切ります。②ゆずの皮は3ミリぐらいの千切りにします。③3ミリに切った大根はざるに並べて天気の良い日に8~10日問干します。(12月中旬頃でしたら5~6日日問)④大根にしわが出て釆たら今度は水洗いをしてほこりを落とし、水を切ります。⑤④のゆずを大根の干したものに巻き、つまようじでとめます。⑥巻いた大根を、ふたの出来るもの(タッパー)にならべ、その上からつけ汁をながし入れます。⑦ふたをしてすずしい所に置き、5~6日つけておき、汁の味がしみ込んだら出来上がりです。※あまり寒いと大根が凍る場合がありますので注意して下さい。
(両神村 千嶋シゲ子)