2012/07/01

杓子菜まんじゅう

昔の人は保存食として主食とかおやつに食べました。いろりの中で灰をかけて時間まかせにこんがりと焼いたものです。漬け物の塩分が粉にしみ込んだとてもおいしい焼きまんじゅうは幼い日の楽しい思い出です。
■材料  20個分 ●とうもろこし粉 400g●米粉 200g●しゃくし菜潰 250g●けずり節 3g(1袋)◎用具 こね鉢・ゆでなべ・上ざる・ボール
■作り方 ①まずとうもろこし粉と米粉とをよく混ぜてこね鉢に入れます。②熱湯カップ4杯半をそそぎ、力をいれてよくこねます。米粉は、とうもろこし粉だけだとパラパラするのでねばりを出すためにまぜるのです。(昔はとうもろこし粉だけで作ったものです)③しゃくし菜は、みじん切りにしてボールに入れます。④みじん切りにしたしゃくし菜漬けの中にけずり節を入れよくまぜ合わせてあんにします。
⑤こねた粉はまんじゅうの皮にするためまるく平にのばし④のあん大さじ一杯を入れて丸めます。⑥全部つくり終ったら大きめのなべでゆでます。お湯の中で浮き上がりぎみになったところをざるにあげます。※みじん切りのしゃくし菜を粉と一緒にこね入れる場合のおまんじゅうもあります。※冷たくなったおまんじゅうはレンジかトースターでこんがり焼いて召し上がって下さい。格別の味です。
(横瀬町 柳 初子)