2012/06/30

荒川 猪ノ鼻の甘酒まつり

 7月第4日曜日午後1時頃から

 鎮守の熊野神社に伝わった疫病流しの付け行事で、氏子が作った甘酒を悪疫退散の願いを込めてかけ合うもので「甘酒こぼし」といいます。県選択無形民俗文化財です。
 大天狗(てんぐ)・小天狗の先払いで、神職が広場に進み、甘酒が入った大だるを前に疫病流しの祈願。この後甘酒こぼしとなり、甘酒や水のしぶきが飛び交い、境内は甘酒の香りに包まれます。