2012/06/15

大峰山ハイキングコース

大峰山コースは二瀬ダムの駐車場からスタートです。駐車場先を周遊路に沿ってダム方面に向かい、写真の分岐に着きます。ここを右に緑の手すりの歩道を登っていきます。
登り切ったところに人工芝のテニスコートがあり、この脇を通り抜けます。少しわかりづらいかもしれませんがテニスコートの先に道が続いています。
テニスコートの先から山道(ハイキング道)となり、林の中を右手に秩父湖を見ながら緩やかな坂道を登っていきます。
登り始めて数分で舗装道路に出ます。周りは杉木立が続きます。この舗装路を登っていきます。
やがて奥秩父レイクビューホステル。出発してしばらくし、周りを見ると秩父湖の湖面を一望の下に眺めつつ、奥秩父の中でも一際存在感のある和名倉山を見上げるという視界があります。
これから舗装道路を逸れ、ハイキング道を歩き始めます。杉木立を歩いたり舗装道路を横切ったりと緩急ある登りが続き、多少呼吸が上がってきます。
フカフカした杉の落葉を踏みしだきつつハイキング道を登っていきます。ここまで来ると杉木立の合間から見える和名倉山が大きく見えてきます。また静かな木立に鳥の囀りが響いています。
一部登り勾配がきつくなる箇所もありますがそれらは余り長くは続きません。尾根筋にたどり着き少々歩くと大黒山の頂上です。山頂直下には大滝グリーンスクールがあります。
大黒山の頂上で一息ついたら大滝グリーンスクールを右手に大峰山方面に向けて出発です。余談になりますが大滝グリーンスクールの規模に目を惹かれつつその敷地内を歩いて行くことになるでしょう。
しばらくは中津川と荒川を分ける峰筋を歩きつづけます。途中の東屋(展望台)からは滝沢ダムの周辺が一望の下に見渡せます。
ハイキング道は尾根筋に沿って大峰山の頂上に至っています。ハイキングの出発当初は見上げるような角度で佇んでいた和名倉山もここまで来るとその全貌が見られるようになります。
大峰山から下ると整備の行き届いた栃本広場に至ります。栃本広場は、標高1,062mの大峰山から山の神峠(標高1,013m)までの間、南側約10haの広さ。この広場周辺だけでも自然公園として楽しめます。
栃本広場からしばらく下ると栃本関所跡です。この関所は戦国時代、武田信玄が設置し、秩父往還の通行する人々の取り調べに機能しました。建物は文成6年に焼失後、再建。その後国指定史跡となり ました。眼前の急斜面には畑や民家があり、往時をしのばせる雰囲気があります。
大峰ハイク麻生コース(約3時間10分)
※「●=バス乗車時間」「◆=バス停」
秩父鉄道三峰口駅-●35分→◆秩父湖-(歩20分)-奥秩父レイクビューホステル-(歩20分)-大黒山-(歩80分)-上中尾地区上-(歩40分)-大峰-(歩10分)-栃本広場-(歩20分)-栃本関所跡